お知らせ

「伊達茶ペットボトル」が生まれ変わります!!

2018年7月5日

伊達茶ペットボトルは、2006年に「桃生っ茶」という名称で
100%宮城県産茶を使用して抽出され、北限のペットボトル茶として誕生しました。

 

当時様々な困難を乗り越えての展開となりましたが
「販路の確保」と「商品の差別化」が思うようにいかず、
造っては廃棄する時期が続きました。
 
その後も「北限の茶畑を残していきたい…。」「北限の茶畑を知っていただきたい…。」
という想いは消えることはなく、2010年に現行デザインとの出会いをいただき、
さらには伊達家18代ご当主にも応援をいただくまでとなりました。

2017年7月27日には、北限の茶葉を正式に伊達茶としてデザイン変更をさせていただき、
製品クオリティーもより高品質なものにして、鹽竈神社にて記者会見をさせていただきました

新・伊達茶も他の商品とは比べ物にならないほどの高いクオリティーと装いも新たに生まれ変わります。

商品品質

【現行】一番茶100%抽出
【新商品】一番茶低温濃厚抽出

抽出方法は評価の高い現行よりもさらに低温で約1.5倍の時間をかけて、低温長時間抽出を贅沢に施します。

原料となる伊達茶の茶葉は品質を最高のものにするため、生産農家と一緒に相当吟味しました。

大手メーカーの茶葉とは全く異なる、唯一無二の茶葉で抽出します。

また商品のクオリティーの向上に伴い、
販売価格も現行の140円(税別)から200円(税別)に変更をさせていただきます。

デザインは、伊達政宗公の夢を継承して、より洗練されたものに。
伊達茶が育まれる北上川の恵みをいただくテロワールを切り絵にしたためました。

生産農家、生産技術者、茶匠、デザイン、そしてお客様の想いが融合した逸品です!
これからも仙台銘茶 北限の「伊達茶」ペットボトルをご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

《ご購入はこちらから》